.

借り入れについての支払方法は企業の方針に応じて相違というものがあり、多様な手法が導入されてます。一般的には残高スライド法やリボルディング法がとられているようです。そしてかくのごとき誰しもわかっているリボですが、本当のところ算定法にはおおくの形式というものがあったりするのです。それゆえそんな様式によっては支払総額が異なってしまうので知っておいて損することはないと思います。そうしたらわかりやすく両者のメソッドの差異についてを解説します。ひとつは元金均等払いというものでもう一つは元利均等払いというものです。これらはその名を冠する通り元金について均分にして払っていくというのと元金と金利についてを全部で均一に払っていこうという方式になります。今回はもしや10万円カードキャッシングしたと設定して、実際どんな勘定をするかみてみましょう。利分は双方とも15%と仮定し計算します。更にリボルディング払いなどの金額は1万円とし試算します。まず元金均等払いからいきましょう。こんな事例のはじめの返済については1万円へ金利分の1250円を合計した支払額になります。次回の返済については1万円に対して利率分の1125円を加えた返済額となるのです。こういったふうにして総回数10回にて支払いを終わらせるといった手法です。一方元利均等払いは初回の返済については1万円ですがそこから元金に8750円、利率へ1250円と言うように割り振ります。次回の引き落しについては元本が8750円に減った状態にて利子を算出し、その1万円から更にまた割り振ります。つまり、元利均等払いの事例は10回で支払が終わらない勘定になってしまうのです。たったこれだけのギャップで両者がどのくらい違っているか十分理解してもらえたことと思います。元利均等とは元金均等に比肩し、明らかにもと金が減っていくのが遅延しているというマイナス面というのがあります。換言すれば利息というものを多く支払うと言う状況になってしまうのです。一方、初回の支払が些少な額で済むと言うプラスもあったりするのです。かかる支払い方法に関するギャップに呼応して支払合計額が変わってきますのでご自身の好みに合う使用法をするようにしてみてください。

Copyright (c) 2000 www.moodindieretta.com All Rights Reserved.