.

クルマを持っている方は承知しているものですが自動車税という税金が徴収されます。ハワイ旅行記&持ち物準備のコツ

それで自動車税は、手放す所有車買い取りの際に一般に戻ってくるお金なのです。

これというのは実際に実行してみたら簡単に頭に入ってくると思いますが、一から順番に詳細に説明したいと思いますあえて補足すれば、国産で生産されているクルマのみに限らず外車も税金が還ってくる範囲になっています。

当然中古車についてもそうです。

自動車税というのは自動車を所有する人が支払わなければならない税金なのですが、これはそれぞれの排気量によって決められています。

1リッターより低いなら29500円1リッターから1.5リッター以下までだと34500円になります。

これ以上は500cc刻みで5000円増えていきます。

この税金は4月1日の時点の保有者が、以後一年分のお金を支払う義務となっています。

ということは先払いになるということですのでもちろん車を売ってしまって、所有権がなくなったケースなどは先払いした分の税額は還ってくるのです。

税の場合は先払いで以後一年分の金額を納めるから、その年度内に愛車を売却した場合には、新しい所有者がお金を支払わなければいけないということになります。

売却相手が買取専門業者でしたら、引き取り時に自分が前払いしている分の税金を返還してくれます。

つまり所有権が移転された際からの税は権利が移った所有権を持った人が納税義務を負います。

もしも自分が10月中に車を売ったのであれば、11月から来年3月いっぱいまでの税額は戻ってくるのです。

それは、前述の通り自動車税というのは先払いであるという決まりから来ています。

つまりあなたは買取先に税を返してもらうということです。

業者を介さずにクルマを売買する際に意外とこのような重要な知識に気付かない人が多くいるためぜひ確認をとるようにしなければなりません。

自動車税がクルマを手放すと返ってくることを意外に知らない人が多い事をいいことにそれを悪用する悪質業者もあるのです。

こちら側から税金に関して話を切り出さなければ、一切返金のことについて説明しないということもたびたび見受けられます。

そのため愛車の買い取りを頼む際には税金が戻ってくるのかどうかの確認を忘れないようにしなければなりません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.moodindieretta.com All Rights Reserved.