.

自己破産手続きをしても公的機関から近親者に直に連絡がいくなどということはないでしょう。ミリオンキングダム

従って、家庭には秘密が明らかになってしまわないように破産の申立てが可能だとお思いかもしれません。キッズアイランド

ですが実際問題として破産の手続きを行う時に司法機関などから一緒に住む両親や兄弟などの給金を記した紙面や金融機関の通帳の写し等といった資料の届出を有無をいわさず要求されるようなこともありますし借りた会社から家庭へ通達がいくといったようなこともあり得ますので、家族や親類に知れ渡らないように自己破産申立てが行うことができるという確証は得られるものではないといえます。ブリアール

親族にわからないようにして後に発覚してしまうことに比べれば、はじめから嘘偽り無しに打ち明けてご家庭のメンバー全員の協力を得て自己破産の申立てを行う方が無難でしょう。あきゅらいず

一方同居していない家族であれば自己破産の申告を実行したことが露見してしまうなどということは当面のところ悩む必要はないと理解しても良いでしょう。ミレイズ

夫/妻の支払い義務を消失させることを目的として別れることを図るカップルもいるようですが、実は、たとえ婚姻関係を結んだ間柄だと書類で認められている場合でも法的には自分が(連帯)保証人ではない限りにおいて法的な支払義務はありません。Remery(リメリー)

その一方で書類上の(連帯)保証人という立場を請け負っているケースならばもし離婚をしても民法上の責務は引き続き本人が負わなければいけないから法的な支払い義務があると思われます。はっぴぃタイム

故に別れることを実行したことで法的な支払い義務が帳消しになるなどということはないのです。ラ・ファミーユ

あるいはたまに借入先が自己破産申請者の家族や親類に支払いの請求をしてしまうこともありますが、保証人又は連帯保証人にサインしていない場合であれば親と子供、兄弟というような家庭間の借金であっても本人以外の近親者に民法において支払に対する強制力は考えられません。ジェイウェルドットコム

実際は業者が法的な支払い義務を負っていない家族や親族の方を標的に支払いの催促をするのは貸金業関係の法律を参照する上での政府機関の実務取り決め内で規制されているため支払請求の方法にもよりますが貸金業関係の法律の督促の規制にそむくことにもなります。コトハコーヒー

したがって、法的な支払義務を請け負っていないにも拘らず破産者の家族が督促を受けたとすれば債権をもつ取引先に督促を直ちに停止するよう警告を発する内容証明の郵便を出すのが良いでしょう。

情けをかけて、自己破産申請者その人の事がとても不憫だからと思ってしまったために家族や親族が借入金を代わりに返済してしまうような話もありますが、借金を持つ本人好意に安心して何回も借金を繰り返すことがあるのです。

という訳ですから、債務を負った本人の気持ちを思いやったら血も涙もないようですが本人の手で貸与されたお金を返済させていくか、自力での返済が無理であれば破産申請をやらせた方が債務者本人の更生のためになると思われるのです。

Copyright (c) 2000 www.moodindieretta.com All Rights Reserved.